紀土を求めて和歌山へ!Final!平和酒店 【和歌山市駅】

立飲み

まずは一杯やりましょう! トトロップです!

 

ひしおラーメンを食べたあとに最後の目的地へ向かいます。

JR和歌山市駅へ到着。

キーノ和歌山2Fにあります平和酒店。

一見すると高級ブティックのようです。

お店の入口には立飲みスペースが設けられており、オススメのお酒を頂けます。

お酒だけではなく酒器にもこだわっているようです。

クラフトビールやリキュールも置いてます。

日本酒 飲み比べと平和どぶろく壱ノ濁。

あてはシンプルに紀の川漬け。

 

お店の雰囲気と同様に洗練された接客のスタッフさんが、それぞれの特徴を丁寧に説明してくれます。

一番右の紀土が残りわずかだったのでサービスしてくれました♪

どぶろくは最後に頂くとして、まずは紀土から頂きます。

左から純米酒→純米吟醸→純米大吟醸の順番で頂くのがおすすめだそうです。

純米酒は香り穏やかですっきりした味わい。

食中酒としても飲みやすいお酒だと思います。

 

つづいて桜色の文字で書かれた春ノ薫風。

こちらは吟醸酒らしい華やかな香りと優しい甘味が最高に美味しい。

後味も軽やかで切れのある淡麗です。

 

最後は純米大吟醸。

先ほどよりさらに薫り高い吟醸香で雑味がなく、爽やかな酸味を少し感じます。

このお酒は華やかな香りと繊細な味わいで、飲むだけでご褒美を頂いているようです。

 

そして最後はどぶろく。

このどぶろくもめちゃくちゃ旨い!

ふだんは好んで飲まないどぶろくですが、間違いなく今までで一番!

なめらかな口当たりと発酵由来の超微炭酸が香りを引き立てます。

微かにバナナを感じた気がしたのですが、お連れさんに却下されましたw

これはデザートとしても楽しめそうですが、チゲ鍋や豚の角煮などの濃いめの料理と合わせても美味しそうです。

一通り飲み比べをした後は紀の川漬けと共に頂きました。

これがまた、それぞれのお酒を堪能するのにピッタリでした。

その後は店内でお土産のお酒を物色です。

手前から2列目の特別純米酒 雄町と3列目左の純米吟醸を購入しました。

自宅で紀土を頂けるのは贅沢な気分です。

特別純米酒 雄町はいつもお世話になっている方へ、お土産として持っていきました。

 

大満足な日帰り旅でゴールデンウィークを楽しめました。

また、紀土を買いに来たいと思います。

 

メニュー表などの情報は撮影当時の設定になっておりますので、気になるお店の詳細は食べログや直接お店にお問い合わせ下さいますよう宜しくお願い致します。

食べログリンク : 平和酒店

Instagram : 平和酒店

Twitter : 平和酒店

コメント

タイトルとURLをコピーしました